ギア吉ゴル吉・自前主義


自己ベスト 75
2019~ クラブ 組立て開始
2021~ トラックマン4 + インドア練習に完全スイッチ

2008年09月

ちゅい~っス。

ホッカイロをポケットに忍ばせつつ

密かに60台を狙うチヤーリーですっ。 ∀(  ゚ ▽ ゚  *)∀ フフフ・・・



今まで、あまり意識したことはないのですが

パッティングストロークの トップ

・・・というか

左右に揺れる振り子 ( 25m級 ) でいうと

右端で重りが釣り合って、一瞬止まって見えるところ。

『 ん~~~んっ 』 ・・・ってところ。 ( わかる?w )

そこをしっかり味わう努力をしています。



理由は、練習をしていて、何となく大切なことだと思えたから。ww



パターを動かす慣性ではなく

ヘッドが空走している時の慣性を、腹筋廻りで十分感じながら

パターに対してストレスなく力が伝えられた時は

結果として、いいストロークになっているという認識があります。



一般的に言われる、ブランコを漕ぐ時のような力の与え方ね。

ヘッドの運動が、右端から左へ移った後に

そこで自然に発生している慣性に対して、上乗せで自分が加速をさせてあげる。



トップの 『 んっ 』 のところを、自分の力で止めてしまったら

テークバックの意味が全くなくなって

最初からトップの位置で構えて落とすのと変わらなくなっちゃうので

味わうといっても、じっくり味わいすぎてもダメなんですが

このやり方だと、絶妙な 『 間 』 があるんですな。

パッティングにも。



それに今までは、左側の運動を全部自分の肩や腕でやっていたんだな。

正直、トップなんかなくても同じだったんじゃないか?

トップの位置からストロークを始めていたのと、同じだったんじゃないか?

・・・と、まぁ~、いろいろ感じています。



東側から飛んできた資料によると、ヘッドをスムーズに出せることを最優先にせよ!

とのことっ。

いろいろ混ぜてみたいと思います。

たらこも混ぜ混ぜして~♪







・・・で、60台に向けて足りないものは、何だ?

今んところの答え : たっぷり 振り子~♪

んじゃ、まった。  (  ̄  ∇   ̄ ;)∀

ちゅい~っス。

懸命に睡魔と戦いつつ、密かに60台を狙うチヤーリーですっ。 ∀(  ゚ ▽ ゚  *)∀ フフフ・・・



約2ヶ月ぶりの、7000y超ラウンドでしたっ。

8月はバックティといえども、長くても6900y台

9月に入ってからは一変、6400y前後の白マークから

比較的、楽~なゴルフをしていたので、今回は厳しい結果も覚悟していましたが。。。



【 チヤンピオンティー 7100y 】 44 + 39 = 83 (38)

前半 - 1 1 2 - 1 - 2 1  (20) バン2 3パット2

後半 - - - - 1 1 - - 1  (18) バン1 3パット2



今日は、自分に満足ですっ! 

前半は、リシャフトしたドライバーと、自宅のキャディバッグで寝ていたパターが 

あれ? あれ? ( 汗 ) って感じでしたが

練習とラウンドでストックしてきた、現象 → 原因 の蓄積から、途中で少しづつ修正できていって

ホールを重ねるごとに、どんどん良い方向へ導けたのが嬉しい出来事でしたっ。

4ラウンド目にして、リシャドラも熟成 してきましたし

ラウンド初投入の振り子ストローク も、自宅でのシミュレーションをそのままラウンドに持ち込めて

非常に有意義でした。



グリーンが、極端に厳しいセッティングだったので、かなり苦しみましたが

一連の振り子系のストロークを、はじめて実戦する場としても、条件的に収穫が多く、本当に満足ですっ。



コースで後練して帰りましたが

眺望やら、練習施設やら、天気、気温などが素晴らしく

まるで海外コースのブラクティスレンジにいるような気分に浸りました。

あくまで気持ちだけ。。。 ww



とりあえず、ハンディキャップもこのまま維持できそうだし

まぁ、数字よりも、とにかく中身がよかったということで。

えがっだ、えがっだ♪






・・・で、60台に向けて足りないものは、何だ?

今んところの答え : たっぷり 振り子~♪

んじゃ、まった。  (  ̄  ∇   ̄ ;)∀

こりん星 こりん連邦共和国 こりん郡 こりん村 2丁目6-11

とうとう発見しましたっ!! 




食堂もあるらすぃ~。

こりん定食とかか?

木更津との情報もありましたが、想像していたよりも家の近所でりんこぉ~♪





さて、寝るか。 ww

ちゅい~っス。

もうシングルは怪しくなりつつ

密かに60台を狙うチヤーリーですっ。 ∀(  ゚ ▽ ゚  *)∀ フフフ・・・



パターヘッドが行きたがっているところがある。

その行きたがっているところへ、ヘッドを加速してやる。



なんていう、もっともらしく聞こえそうなことに挑戦してみましたっ。



いろいろやった結果

ヘッドがどこへ行きたがるのかは

テイクバックの質によって全て異なるというのが結論です。



振り子の支点をどこにするのか?

体のどこを原動力とするのか?

構えの微細な違いだけでも

別の道を通って、別の場所へ上がるのです。



結局、ストローク前半にやったことが、ストローク後半にお釣りとして帰ってくるワケで

一般的には、『 作用と反作用 』 みたいな言葉で表現されますが

とにかく、構えと前半の動きさえよければ

結果がいいことが多いようです。



これはショットも同じだけれど

パターのストロークも、ナイスショットすると無感覚。

いたってエアリー。

そんな感じ。

なにか物足りなささえ感じる。

でも、それがナイスパット。



コースでは結果より、納得したストロークができるかどうか。

まずは、そこですねぇ。

傾斜や芝のヨミもありますし

それ以前に、ボキにはカップに対して真っ直ぐ立てているのかという問題もあって

実際のところ現場では

『 そのパッティングの何が悪かったかがわからない 』 のが現実です。。。

もしわかっていることがあるとするならば、そのわかった気になっている内容自体が大間違い!

・・・のことが多いでしょう。

やっぱり原因は、その前、その前にあるんだと思います。

結局行き着くところは、立ち方や構えからだったりするでやんす。

まぁ~、次回ラウンドする機会があったら、諸々を含めて、ストロークに集中してみることにします。






・・・で、60台に向けて足りないものは、何だ?

今んところの答え : たっぷり 振り子~♪

んじゃ、まった。  (  ̄  ∇   ̄ ;)∀

ちゅい~っス。

行かないくせに練習しなくちゃ~、とだけは思いつつ

密かに60台を狙うチヤーリーですっ。 ∀(  ゚ ▽ ゚  *)∀ フフフ・・・



頭の中が、振り子、振り子、振り子状態。。。

振り子~♪ 振り子~♪ たっぷり 振り子~♪

今、脳が振り子に侵されまくっています~。


↑ さあ、みなさんもご一緒に!


上をポチしちゃった人は、頭の中が、もう振り子どころではなくなっているとは思います。

たらこを食べてくださいっ。

歌いながら。。。 ww



さてぇ~

たらこ、ではなくて、振り子といわれて、真っ先にイメージするのが

ボキの場合は 長崎観音のフーコーの振り子 なんですよねぇ~。 ( って、それ全然一般的じゃないw )

いろいろな意味でインパクトが強くて

20年以上前に見たものですが、いまだ鮮明に覚えています。

あそこはヒモの長さが25mあって、世界で3番目に長いフーコーの振り子なんだそうです。

フーコーの振り子っていうのは、地球の自転を証明することができる道具なのですが

まぁ~、ゴルフには関係ないから、それはどうでもいいです。 ww



25m級の振り子運動を見せつけられているボキとしては、負けられませんっ! ( ナニに? )

もっともっと、振り子ってやるぅ~っ!! ( えっ? )
 






・・・で、60台に向けて足りないものは、何だ?

今んところの答え : 振り子クリームパスタ

んじゃ、まった。  (  ̄  ∇   ̄ ;)∀

ちゅい~っス。

王監督の胴上げをTVで楽しみつつ

密かに60台を狙うチヤーリーですっ。 ∀(  ゚ ▽ ゚  *)∀ フフフ・・・



今年始め頃の練習のメモに

小さな動きの中に、真実が隠れているかも

・・・って書いてありました。



今改めて、そこに戻っています。



スピードでごまかせない距離。

例えば平坦な場所で、2m先の目標点で止めるパット。

短くても推進力があって、フラフラ揺れない球。

それを再現性高く。。。

そんなところかなぁ~。



引き続きカーペットの上で、楽しんでおりますぅ~♪







・・・で、60台に向けて足りないものは、何だ?

今んところの答え : 只ぁ~今ぁ~ 勉強中ぅ~♪

んじゃ、まった。  (  ̄  ∇   ̄ ;)∀

ちゅい~っス。

葉加瀬太郎が博士になると、葉加瀬博士だなぁ~、とか考えつつ

密かに60台を狙うチヤーリーですっ。 ∀(  ゚ ▽ ゚  *)∀ フフフ・・・



風、強いっ!

風、冷たいっ!



いやいやいや~

ゴルフやる気曲線、急降下でちゅ~♪



「 祝日だというのに、ゴルフ行けなくて残念だなぁ~ 」

・・・って思っていましたが

「 これでいいのだっ! 行かなくてよかったのだっ! 」

・・・と、自分に言い聞かせている自分がいました。 ww



寂しさを紛らわすように

夜はカーペットで、パタ練をしながら阪神戦をTV観戦。

取り立てて、野球に造詣があるってワケじゃないし

素人すぎて評論もできないけど

今シーズンは、最後の最後になって、グチャグチャになっているから

おもろぉ~♪ でがんすっ。



肝心なパットの方。



ストロークの方向性がどぉ~のぉ~

フェースの向きがどぉ~のぉ~

なんていう理論を理解したところで、スコアが良くなるワケでも

ゴルフの質が上がるワケでもなく

結局は

自分がどうやったら、そうなれるのか

自分が何をやると、結果的に勝手にそうなっているのか

・・・というところが答えであって、理屈を知ることが答えではない。

これはゴルフだ。

できなければ、意味はない。

理屈なんぞ知らなくてもできている人は、ごまんといるワケだ。



ただ、そういった理屈もなくひとりでやっていると

いつのまにやら、遠~くに行っちゃうこともあるし

かといって、聞きかじりの理屈そのものが、遠くへいざなう最大の原因だったりもするので

ゴルファーは、翻弄させられているようにできているのかもしれない。



自分は、考えてグチャグチャになってくる前に

たとえ、結果は伴わないとしても、自分なりの道筋で、前に進む努力だけはしておきたい。

・・・ということで、ここまでで、ある程度結論が出ている

重いヘッド、短尺、フェースより前にシャフトが出ていないパターを使って

本気で 『 振り子 』 の動きを探してみる。

んんんっ!

こんな感じか?

試行錯誤、あれやこれや。。。






・・・で、60台に向けて足りないものは、何だ?

今んところの答え : 只ぁ~今ぁ~ 勉強中ぅ~♪

んじゃ、まった。  (  ̄  ∇   ̄ ;)∀

ちゅい~っス。

葉加瀬太郎が博士になると、葉加瀬博士だなぁ~、とか考えつつ

密かに60台を狙うチヤーリーですっ。 ∀(  ゚ ▽ ゚  *)∀ フフフ・・・



パッティングの話し。

ストローク と フェースの向き どっちが大切なの?



この辺は物理ですから、その答えは、疾うの昔に出ているワケで

人間ができる範囲の中で比較すれば

ストロークの方向よりも、フェースの向きの影響の方が大きいことは

ちょっと気の利いた教科書には書いてあることです。

知らなかった方は、覚えておいた方が得かも。

まぁ~、知っていても、パスコ ( パタースコスコ ) になれるワケじゃぁないってことは

ボキの存在で、それを証明しちゃってるんだけどねぇ~。 ( 大汗 )


↑ 比較論で言えば、Aの方が目標に向かって真っ直ぐ転がる、というワケ



自分はどうか、というと

明らかにBをやっていることが、ここにきて判明しました。

厳密に言えば、赤A+黒Bだな。 ( 滝汗クリステル )



わかったのは、今月、師匠と一緒にラウンドする機会があって

短いやつで4パットして、あれっ? ・・・っていう話しになって、その時に指摘を受けました。

以来、その原因と対策について、あれやこれやと考えて

前回は、ラウンドので実験もやってはみていますが

まだまだ先は見えませんねぇ~。。。






・・・で、60台に向けて足りないものは、何だ?

今んところの答え : とにかくパタ練だっ!

んじゃ、まった。  (  ̄  ∇   ̄ ;)∀

ちゅい~っス。

今シーズンの残された時間を計算しつつ

密かに60台を狙うチヤーリーですっ。 ∀(  ゚ ▽ ゚  *)∀ フフフ・・・



来期へ向けての修行の旅シリーズ。

今回も、パター3本持ってGO!

WTさんもご一緒でした。あっざぁ~っす♪



【 レギュラーティー 6200y 】 43 + 44 = 87 (40)

前半 ① 4 1 1 - - - 2 -  (20) 3パット1 4パット1 バン1 

後半 ① 1 1 2 2 - 2 - 1  (20) OB1 3パット3


いろいろやりながらでしたが、パット数、大台に乗ってしまった~♪ ゲロゲーロ

まぁ~、結論を言えば

エースパターに少々細工することで、今後の熟成を進めていこう

・・・と心に誓った次第でございますっ。



ショットは、いいものも、悪いものも出て

久しぶりに、後練で打ち込みました。

後練では目の前の打席で、プロがレッスンをしていて

周囲は 耳ダンボ になっていました。

もちろん、ボキの耳も、象の耳~♪ ww



今、続けてラウンドができると身になるものが多そうな状況なのですが。。。

そろそろ、ググッと気温が下がってきたすぃ~。

残り時間とも相談しつつ、あまり無理もせず、そこそこ楽しみつつ、次につなげつつ。



競技 → お楽しみモード → 来期見据えてモード ときたので

改めて、今シーズンの締めくくりモードに、シフトチェンジします。

楽しみながら結果を出していきたいですねぇ~♪



もう一人のお初同伴の方が、相当の業師で

見えないところでWTさんと

『 あのプレーヤーの、どこがスゴイか論 』 

で盛り上がりました。 ww

ハンディは、3くらいに見える方でしたっ。

ヨダレ出まくりでした~♪ 

WTさんも、ジュルジュルやってました。 ゲラゲーラ






・・・で、60台に向けて足りないものは、何だ?

今んところの答え : パターグリップの差し替え

んじゃ、まった。  (  ̄  ∇   ̄ ;)∀

ちゅい~っス。

台風も嫌だけど、台風後の地震にも警戒しつつ

密かに60台を狙うチヤーリーですっ。 ∀(  ゚ ▽ ゚  *)∀ フフフ・・・



ウエッジと言えば



先月でしたか、ダイワ精工が、フォーティーンを買収していますねぇ。

去年頃から、専門チャンネルだけでなく

民放にも、いい感じに仕上がったTVCFを

派手に打っていた時期もあったんで

ン~♪

・・・って見ていましたが、、、



コンセプトの方はどうなるんだ?

我がコメンテーターもたくさんお使いのSYBは?



さてぇ~、話しは変わりますが

ウエッジといえば、やっぱソール形状が命っ。 ポーズ!

こんなボキのレベルでも、多少は気になるワケですから

やっぱりウエッジ選びの行き着く先は、ソールの研磨でしょうか。



どこかのブランドが、一時ブワっと全国区になったのも

結局は、ソールをカスタマイズする、ツアー担当者の対応が、あまりに素晴らしかったので

俺もやって、俺もやって(タダで)状態でツアー使用率が上がり

我々、一般消費者には 『 スピンがスゴイからプロが使いまくっている 』 

との情報に、お約束のすり替わりが起こってブレイク。

でも、使っている人達のほとんどは、これのどこがいいんだ?

・・・状態。

所詮スピンなんて、サックリ・チャックリ・ドスドスやってる我々には、ほとんど関係ありゃしない。

その優秀なツアー担当者も、フツーの流れで、独立だか引き抜きだかで消える。

当然メーカーでなく人に付いていただけのプロ達も、サーっと引いちゃう。

だから後続モデルは出るものの、一般ピーポーには以前のような評判が届かない。

じゃ、評判を作るか!

ってことで広告投下。

ン~♪  

という、勝手な夢を見たことがあります。



仮に、いいものを作っても、それが売れるとは限らない

むしろ売れる要因は、道具としての善し悪しとは別の所にあったりする。

ブランドではなく、人が担保している。

いいものが出来ちゃったという偶然。

諸々。。。

この世界の難しいところのように見えますなぁ~。



大人気のボーケイも

プロ達へのサポート体制あっての、プロ側の立場としての評判・評価、という事実はあると思いますが

我々、一般ピーポーに流してもらえる吊しのクラブでも

TVDのバウンス周辺の角の取り方とか、個人的には好みですねぇ。

ソール幅が狭いので、下手クソなボキには危険ですが。。。

あとは値段がね。



とりあえず、今年は買わない をキーワードに

ウエッジウォッチャーとして、しばらく潜伏します。 ガサガサ






・・・で、60台に向けて足りないものは、何だ?

今んところの答え : 止まらなくていいから入ってくれ~

んじゃ、まった。  (  ̄  ∇   ̄ ;)∀

ちゅい~っス。

プールで入った耳の水も、自然蒸発して萌えつつ

密かに60台を狙うチヤーリーですっ。 ∀(  ゚ ▽ ゚  *)∀ フフフ・・・



8月にR&Aが発表した、クラブフェースの溝の新しい規則。


↑ リンク押下NG URLコピペで行くべし



事実上、ウエッジのスピン規制ですねぇ。

猶予期間がしっかりあるので、今使っているウェッジも当面使えるワケですが

現規定内のウエッジが、表舞台で流通するのも1年ということですかね。



ラウンド数や、バンカーの練習量で全然変わるけど

ウエッジも、ある程度は 『 なまもの 』 という側面があるので

結局、いつか買い替える頃には、規制に沿ったものを手にしている

・・・ということになっていそうです。



確かにラフからのスピンは欲しいんだけど

フェアウェイから打って、ボールが削れちゃうほどのスピンは自分にとっては不必要。

・・・ということで、フツーのウエッジを使っていますが

2シーズン使ったボキのウエッジを見てみると

ソールは2番目のメッキまで剥がれて、3番目の層が出てるすぃ~




フェース面に掘られていた、指紋みたいな、グルグルグルルルルル~

・・・ってやつも、まったくもってツルツル~

フェースも半分から下は、最初のメッキはありましぇんっ。

つまり、ボロボロっす。。。




溝には、芝が残っていますが、エッジはほとんど残っていません~ 

こうなったら、彫刻刀で彫るか。。。








・・・で、60台に向けて足りないものは、何だ?

今んところの答え : 当面は腕でカバー ( 腕 → 彫刻刀の腕前 )

んじゃ、まった。  (  ̄  ∇   ̄ ;)∀

ちゅい~っス。

台風も嫌だけど、台風後の地震にも警戒しつつ

密かに60台を狙うチヤーリーですっ。 ∀(  ゚ ▽ ゚  *)∀ フフフ・・・



いつものパターとチャレンジパター、2種のパター持って、ラウンドへGO!

来期につながることをしなきゃ、と チャレンジパター を選択。

ドラも、コースではスラスラ実績バリバリの むっちりリシャドラ を引き続き調教。

リシャドラは、前回の結果を受けて、修正練習を1度やっておいたので、改善を期待。



【 レギュラーティー 6300y 】 41 + 41 = 82 (39)

前半 1 - - - 2 1 - - 1  (21) 4パット1 3パット1 

後半 - 2 2 - - - - - 1  (18) 3パット2


リシャドラ、少しばかり手なづいてきて、持ち球ドローになってきました~♪

でも、ショートカットを狙うと、確実に曲がる。。。 ( 汗 )

3度中、3度も、、、 ( 大汗 )

ある意味、精神状態に敏感なシャフトです。。。 ( 滝汗クリステル )

しなり戻り系に慣れていないので、いろいろなケースに出合いながら学習中といったところです。



そんなこんなで、まだ飛距離をとりに行けるほど、強気には打てませんが

幅のあるホールで何度か頑張ってみたところ、それなりの飛距離になっています~♪ ムフフ



結果をご覧のとおり、パッティングは死んでいましたが

パターのせいだけにはできません。

まぁ~、基本的には主人のせいですっ。

・・・が、もうあのパターでは、ラウンドしませんっ!! ( 鼻息 )



実のところ、パッティングストロークも進化させようと

師匠直伝のストロークで、ガンバってみていますっ。

まずは真っ直ぐ立てていません。

ストローク以前の問題だぁ~。。。 ( ナイアガラ滝汗クリステル )







・・・で、60台に向けて足りないものは、何だ?

今んところの答え : 今回はパッティングぅ~ ヘベレケでした~♪

んじゃ、まった。  (  ̄  ∇   ̄ ;)∀

ちゅい~っス。

プールで入った耳の水も、自然蒸発して萌えつつ

密かに60台を狙うチヤーリーですっ。 ∀(  ゚ ▽ ゚  *)∀ フフフ・・・






こぉ~ゆぅ~のがあると

無性に入れたくなっちゃう性分。。。



でも、なかなか入らない性分。。。



それは性分じゃなくて技術力

・・・って

そんなこと言ったら、ボキが可哀相だよぉ~♪






・・・で、60台に向けて足りないものは、何だ?

今んところの答え : どんどん入れろぉ~♪

んじゃ、まった。  (  ̄  ∇   ̄ ;)∀

ちゅい~っス。

プールで入った耳の水が ざざざざぁ~♪ ・・・って、萎えつつ

密かに60台を狙うチヤーリーですっ。 ∀(  ゚ ▽ ゚  *)∀ フフフ・・・



無理くり練習場に寄って、20球だけ打つ機会を創造。



バシュッ、バシュッ

ん~♪

あんま、よくねぇ~なっ。。。 ( 汗 )

これがラウンドだったら、、、 ( 大汗 )



少ない球数で練習するっていうのは

その場で打てるように調整していく猶予がない分

現実を映し出しているねぇ~♪ 



100球、200球ってバンバン打って

そんなんで、わかったようなクチきいてるんじゃねぇってかぁ。。。

どぉ~も、すんまそん。。。 ( 滝汗クリステル )



インパクトゾーンとやらも

長かったり、短かったり、日替わりだぁ~♪ ( ナイアガラ滝汗クリステル )









・・・で、60台に向けて足りないものは、何だ?

今んところの答え : いやっ、何も足りていない。。。

んじゃ、まった。  (  ̄  ∇   ̄ ;)∀

ちゅい~っス。

コストコにはまりつつ

密かに60台を狙うチヤーリーですっ。 ∀(  ゚ ▽ ゚  *)∀ フフフ・・・



先週、 『 長いインパクトゾーン 』 を感じられていた日があって

その時、スイングの核心に一歩近づいた実感があったんだけど

次のラウンドでは、そのテイストを味わうことなく終わっちゃって。。。

改めて、練習場でアノ感覚を再現させながら

『 今後自分がラウンドに、どんなチェックポイントを持ち込んだらいいのか 』

を考えようと思った次第でやんす。



・・・で

90分1本勝負で

スパーン、スパーン、と打席で打ってはみるものの

先週のアノ感覚とは、まったく違うものばかり。

ありりっ? ( 滝汗クリステル )



結局、やろうとしてできないワケだから

原理原則が明解に把握できてない ってことだわな、こりゃ。

練習場でコレだから、コース以前の問題だべさ。。。



・・・で

長いインパクトゾーンをもたらすための要素は何なのか?

自分の、自分による、自分のための、人体実験をしてきましたっ。



結論は、ひとまず出ましたっ!!

テイクバックの深さ、ダウンスイングの始動がポイントでした。

自分の言葉で表現すると

後ろを向いて綱引きつをする

左の足元に向かって、クワやツルハシを振り下ろす

そんなイメージで、長いインパクトが形成されますっ。

突拍子もない独自表現ですので、よいこのみんなは真似しないように。 ww



改めて打ち込みたかったけど

ここまで90分費やしていたので断念っ。

また次回に持ち越しです~♪









・・・で、60台に向けて足りないものは、何だ?

今んところの答え : 熟成だっ!!

んじゃ、まった。  (  ̄  ∇   ̄ ;)∀

ちゅい~っス。

黒豆大福と黒豆煎餅と黒豆納豆をほおばりつつ

密かに60台を狙うチヤーリーですっ。 ∀(  ゚ ▽ ゚  *)∀ フフフ・・・



軽く、カルチャーショック

きてますっ。



結局

練習場では練習場用のショットを作り込んで

コースではコースのショットをしている。

そんな現実を感じています。



練習場でできていることが、コースでできないというのはおかしい。

練習場の自分も、コースでの自分も

同じ体重の、同じ人間なんですから。( 体重は日付と共に微増のため、厳密に言うと・・・ )



つまりそこには 「 そうさせてくれない、何らかの理由 」

というものがあるワケで

そいつと心底向き合えば、今よりいい結果が出る確率が上がるかもしれません。 

突き詰めていくと、きっと単純な答えがあるはずです。



コースと練習場の違いは何なのか?

広い~意味でのメンタルを除いて、物理的な要素だけを抽出してみると

地面に絡むことと、ボール、そしてポスチャー。

そんな程度しかないワケです。



これはポスチャーで決まりかなぁ~。

グリッドに吸着していなければ、明らかに右向いてるもんね。。。



原因を、前に前にと突き詰めていったら

『 立つ 』 という、かなり原始的なところまで辿り着いてしまいましたっ。

でも、意外とコレが答えだったりしてね~♪



これが原因だと仮定すると

過去や現在の様々な出来事のつじつまが、結構合っていたりすることに気付きます。

これできっと、自分は変われるような・・・っ!






・・・で、60台に向けて足りないものは、何だ?

今んところの答え : 立つんだ、チ~♪ あしたのチーシリーズ、再開か? 

んじゃ、まった。  (  ̄  ∇   ̄ ;)∀

ちゅい~っス。

リシャして、鞭鞭ぃ~っと調子こきつつ

密かに60台を狙うチヤーリーですっ。 ∀(  ゚ ▽ ゚  *)∀ フフフ・・・



2週間空いてのラウンドですっ。



【 目的 】

① リシャフトしたドライバーを筆下ろし

② FW #3 試打クラブを持ち込んで、シャフトチェック

③ ニューパターグリップ、筆下ろし



快晴、無風、気温25°、コンディションバッチリ。



【 ① 】

ティーをブッ刺し、1週間修行を積んできた

『 ムチムチ & 長長インパクトショット 』 をぶちかますっ!!

カッキ~ン

飛ぶ飛ぶ~♪ ( 普通に )

しかもスラスラ~♪ ( 逆球じゃん )



こんなハズじゃないっ!

こんなスラスラスライスじゃダメだっ!

全然、インパクトが長くないすぃ~。。。



いやいや、いずれ調整できて、きっとあの練習場の球が~♪

我慢、我慢っ



2番ホール、同じっ。 スラスラー

3番ホール、同じっ。 スラスラー

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・ホール、同じっ。 スラスラー

16番ホール、同じっ。 スラスラスイスイスイー



そうさっ

おいら、やり続けたさっ



試しに、17番ホール、以前までのスイングに戻す。

カッキ~ン

飛ぶ飛ぶ~♪ ( まあまあ )

しかも持ち球~♪ ( これでないと )



前略、ゴルフの神様

この1週間のスイング改造、一体なんだったんでしょうねぇ

僕は、どこへ向かえばいいのでしょうか・・・



ダメ押しで18番も、以前までのスイングに戻す。

カッキ~ン

飛ぶ飛ぶ~♪ ( まあまあ )

しかも持ち球~♪ ( やっぱこれしかないのか? 俺には・・・ )



【 レギュラーティー 6300y 】 40 + 40 = 80 (38)

前半 1 ① - - 1 1 2 - -  (19) 3パット2 バン1 

後半 - - - 2 - 1 1 - -  (19) 3パット1 バン1 



【 ③ 】

パットがダメの助でした。。。

グリップのせい?

・・・ではないなぁ。

ゲーム感かなぁ。

後日、再検証。

練習グリーンが激重で、本グリーンが普通で、差が死ぬほどあったおかげで

ロングパットをドッカンやって、3パット3本量産っていうのが痛かったなぁ。。。

まだ現場では、リリースどころではないっス。 www



【 ② 】

PAR5で、FW #3 の出動がキッチリ4回。

今使っているヘッドと同じで、シャフト違い。

スピーダー70FW フレックスS

残念ながら、1発では合いませんでした。

下からボールは拾えるものの、タイミングが取りづらくて、振ると右へパーパー飛んでました。

自分が変われれば、こっちの方がボールも上がって結果が出そうなんだけどなぁ。。。

これも後日、再検証。



締めてみたら、70台まであと1点!

あ~あっ。



前半終了して、4人全員が40点。 ビンゴ

そこからそれぞれが、79、80、84、86点へ展開。

その差が何なのか

ショット云々だけではない、ゴルフのゴルフなところ。ww

今日は少し学習させていただいたような気がします。

やはり、同伴者から得るものは大きいですなぁ~♪



それから、今日はペース配分がよくなかった。

なんか、全ホールがんばっちゃった感じ。

やっぱりリシャフトの結果を出したい一心で、ショートホール以外は、全部1打目頑張っちゃって

ずぅ~っと、その流れでカップまで張りつめていたのがイカンなっ。

カートだったけど、終わったら、すげぇ~疲れてた。。。

1打目適当、2打目も適当、3打目で集中、4打目でより集中!

・・・であるべきなのに。。。

1打目から資源の無駄遣い。

これじゃ、パットが入らないのもしかたない。

ゴルフはつながっています。

そういうもんですよね。






・・・で、60台に向けて足りないものは、何だ?

今んところの答え : こういう展開で、ダボはダメだっ。絶対に。。。 

んじゃ、まった。  (  ̄  ∇   ̄ ;)∀

ちゅい~っス。

リシャして、鞭鞭ぃ~っと調子こきつつ

密かに60台を狙うチヤーリーですっ。 ∀(  ゚ ▽ ゚  *)∀ フフフ・・・



先程、F1中継をTVで観ながらパタ練していました。

そこで、ふと、思い出したことがありました。



ある動画がありまして

その中で、タイガーウッズがパッティングについてコメントしているのですが

その中に 『 パターをリリースする 』 という表現があったのです。



ん? リリース?



それを聞いたとき

自分には、『 パッティング 』 というものと 『 リリース 』 という行為がまったくつながらなかったので

英語表現だと、そう言うんだぁぁ~、と思った反面

もしかして本当に、パターもリリースすんのか? 

じゃぁ、そのリリースって何さ? 何なのさ?

・・・って、数年間、ずうぅぅぅぅぅぅぅぅ~っと謎に思っていて

この言葉には、何か自分の知らない、大切なことが隠れているのではないかという

疑念、焦り、空腹感、肉食いたい、そして膨満感で、揺れる腹部と二の腕・・・

などなどが、渾然一体となっていましたが

なんだぁ~、かんだぁ~で、思い出したワケです。

練習中に、その 『 パターをリリースする 』 という言葉を。



くしくも、ドライバー部門のほうで

『 ヘッドを長く出す 』 という感覚が芽生えていたのですが

それを実現させるためのキーワードが、個人的には 『 リリース 』 だったのです。

これって、もしかして、パターでも、ドラと同じことをやれば

今までより、フェース面が変わらないで、もっと長く前に出るってことなのでは?



そしてやってみたら・・・




すげっ!!




これさぁ~、もうちょっと練習して、再現性上げて

コースでも同じように動かせられたら、革命かもよっ!



・・・って、今は妄想にいだかれて眠りたいので、そっとしておいてください。。。 ww






・・・で、60台に向けて足りないものは、何だ?

今んところの答え : とにかくやってみるしかない! 

んじゃ、まった。  (  ̄  ∇   ̄ ;)∀

ちゅい~っス。

眠い眠いと思いつつ

夢の中でも60台を狙うチヤーリーですっ。 ∀(  ゚ ▽ ゚  *)∀ フフフ・・・



一般的なゴルファーが 『 ゴルフで人を集めたいっ 』 ・・・と思い立って

スッと集められる仲間の数は、最大でも8人がいいところで、普通はもっともっと少ないそうです。

自分も8人は絶対に集められないなぁ。



ゴルフをすることを単純に楽しむ、という場合は話しが違いますが

こと、ゴルフの上達 ということに特化して言うならば 

『 上手な人とのラウンド 』 は必須課目だと思います。

現場で結果が出ているゴルフを生で観ることはとても重要です。



職場とか、友人とか、身近なコミュニティの中に、上手な方がたくさんいればいいのですが

そうもいかない場合は

なかなか気付きのきっかけを持てないということで

自分の上達が遅れることはないにせよ、著しく早くもなくなるでしょう。

成功のキーワードはもちろん、ミスの原因も他人様を通して学んでいけば

1回のラウンドが2回分、3回分のラウンド

あるいは、その二乗三乗の価値に変わってきます。



やはり、いいものを見てセンスを磨き、気付くことが大切です。

綺麗に動ける人のスイング以外は否定的な人もいれば

個性的な動きの中からでも、結果さえ出ていれば、その中から理にかなった法則を探そうとする人もいます。

『 いいもの 』 の基準は、その人の価値観なので何とも言えませんね。



技量の近い身近な人を、ライバルに設定するケースも多いと思います。

いろいろな意味で励みになりますが

こと、ゴルフの上達 ということに特化して言うならば

そのライバルは、自分より上達が早く

成績が拮抗し続けながらも、自分が負け続けるのがベストです。

イヤですが。。。 ww



少し遠い存在ながらも

ああいうプレーヤーになりたい、あの辺までは頑張りたい、と思える

いわば憧れのポジションにいる人を、中期的なベンチマークにするのもいいですねぇ~。

こと、ゴルフの上達 ということに特化して言うならば

その憧れ人は、当面、技術的進歩があまりなく、上達するわけでも、下手になるわけでもなく

しばらく同じようなポジションで止まっていてくれるのがいいでしょう。 ww

その人を、いよいよ抜かしたと思えたときは、大きな達成感に包まれるでしょう。



かなり遠い存在で、師匠と思える、いろいろと教えてもらえる人も欲しいですねぇ。

長期的に見た場合、ハンディが5下の人が絶対条件ですが

現実として、自分の近くにそういう条件で関係を持てる人がいないケースが多いかもしれないので

あくまで理想論になります。



ここまでくると、自分の廻りのコミュニティでは、事足りなくなってくる場合が多くなり

師匠になってくれる人は、スクールなどで調達しようとするのが一般的です。

しかしこの関係は、巡り合わせ的な難しさがあります。

教える側が、プレーヤーとして50台を出せる技術があったとしても

結局はその人の職業意識や、コーチングの技量に委ねらる部分もあるし

もちろん、本人の上達意識の強さは大前提なのですが

外野の声を遮断する勇気とか、その流派を極める覚悟のようなものも重要です。



初心者や女性は、教え魔退治も一苦労ですよねぇ。。。



いい人達に巡り会いたいが、待っているだけで、そうそう出会えるものでもない。

人生も、またしかり

でしょうか。








・・・で、60台に向けて足りないものは、何だ?

今んところの答え : 60台が出る巡り合わせ。。。( 運任せ )

んじゃ、まった。  (  ̄  ∇   ̄ ;)∀

ちゅい~っス。

リシャして、鞭鞭ぃ~っと調子こきつつ

密かに60台を狙うチヤーリーですっ。 ∀(  ゚ ▽ ゚  *)∀ フフフ・・・



リシャフトしたってことで、練習場通いにも力が入っちゃって

月~金で4回行って、ドライバーばっかり振っていたものだから

もう体の中でガラガラと、外れちゃったネジの音が聞こえています。。。



怪我は絶対に嫌っ。

といって、別に特別なケアもしていない。

単純に、壊れる寸前を見計らって休む作戦。

それだけで、今までなんとか乗り切っています。



基本的に、手先でチョイチョイやっているようなスイングなので

なんとかなるワケですが

それでも、ドライバーばっかり振っていると、本当に疲れますねぇ。

体の芯から、ジクジクと疲労がしみ出てくるような。。。

平日ラウンドが控えていることもあって、土日はクラブを置きます。

ふぅ~



そもそも、シーズン中も、練習ではほとんどドライバーを打たない人間。

これだけドライバーを打ち続けたのは、久しぶりですっ。

結果として 『 長い道具だったから気づけたこと 』 というのがあります。

一般的に 『 ヘッドを低く長く出す 』 と言われるやつで

ボキのばやいは、低いかどうか怪しいので、長く出すという所だけなのですが

こいつが、今まで知らなかった別のステージへいざなってくれています。



・・・きっと、いざなってくれているのだと思います。

・・・いざなってくれていることがあったりして。

・・・いざなってくれていればいいなぁ~。

・・・いざなって欲しいなぁ~。

・・・いざなってくれ。

遠慮はするな。






・・・で、60台に向けて足りないものは、何だ?

今んところの答え : そろそろ揃ってきたような。。。 

んじゃ、まった。  (  ̄  ∇   ̄ ;)∀


昼飯は、この肉のみ

レアで

イケてたぞっ!

がるるるるるるる~っ!!

( ザザザ~、ちゃっぷん ) ← 由美かおる

黄門 「 ・・・・・・ 」 ( 節穴Aより )

スケ 「 ・・・・・・ 」 ( 節穴Bより )

カク 「 ・・・・・・ 」 ( 節穴Cより )

うっかり八兵衛 「 ・・・・・・ 」 ( 節穴Dより )



一同  スーっ   ( 退散っ )



黄門 「 カっ、カっ、カっ、カぁ~ 」

スケ 「 しっかし、たまりませんなぁ~ 」

カク 「 かげろうお銀、元祖アンチエイジングぅ~♪ 」

うっかり八兵衛 「 いやぁ~、いつバレるかと、こっちはドキドキでしたよぉ~ 」



黄門 「 八兵衛や、それっ、それなのですっ 」



一同 「 えっ? 」

黄門 「 本日、皆をあそこに連れて参ったわけは、そのドキドキを感じることにありましたっ 」

一同 ( ぽかぁ~ん )

黄門 「 皆さん、お忘れですか? パスコですよ、パスコっ 」

【 ※ パスコ = パットスコスコ 】



スケ 「 ごっ、ご隠居っ、今日のアレとパスコが・・・ 」

うっかり八兵衛 「 黄門様っ、いってぇ~、どんな了見でっ 」

黄門 「 八兵衛、先程あなたは、のぞきを心から楽しめましたか? 」

うっかり八兵衛 「 ですから黄門様っ

          バレちゃいけねぇっていう気持ちもあって、見るもんは見ましたが、楽しむとまでは・・・ 」

黄門 「 カっ、カっ、カっ、カぁ~ 」

うっかり八兵衛 「 もっ、もしかして 」

スケ 「 なるほどぉ~ 」

カク 「 緊張の中にも、パットを楽しむ心・・・、そういうことですか? ご隠居っ 」



黄門 「 マジで、お銀は若いですなぁ~、カっ、カっ、カっ、カぁ~ 」



スケ 「 えっ 」

カク 「 パッ、パスコの話しは・・・ 」



黄門 「 いやぁ~、マジ若いっ、マジでマジで、カっ、カっ、カっ、カぁ~ 」



スケ 「 八兵衛っ 」

カク 「 頼んだぞっ、八っ 」

うっかり八兵衛 「 へっ、へいっ 」 ( ドスっ、ドドドドスッ )

黄門 「 ・・・・・・ 」 ( ぐったり )



やはり、黄門様は健忘症なのか、はたまた、すっ惚けているだけなのか。

今日もまた、パスコの核心を聞き出せなかった、スケさんとカクさん。

でも八兵衛とは違い、節穴で心から楽しんでいたスケさんとカクさんは

黄門様の話は途中だったけれど、その本意は十分汲み取った気がした。

なんとなく得した気分になり、スケさんとカクさんは、また改めてスケベ笑いを浮かべるのであった。。。




さあ、パスコを求めて、参番ホールへ参りましょうっ。


60台に向かって  飛べっ! スーパードッグぅ~♪

ちゅい~っス。

ナナスコへの変貌を夢見つつ

密かに60台を狙うチヤーリーですっ。 ∀(  ゚ ▽ ゚  *)∀ フフフ・・・



シングルって言ったって、5下じゃないってことは

スイングやストロークのことは、まだ理解できていない ってことだ。

だから、5下になれないんだ。

単純明快。



・・・とは、師匠のお言葉。

スイングだけでゴルフをしているワケではないけれど

以前に聞いて、妙に印象的だったので、よく覚えている話しです。



その時は

「 たとえ、9や8だってシングルさん。理解できてなきゃ、そこまで行けないでしょう 」

と思いましたが、ちょうど今の自分がハンディ10前後に。

確かにスイングのことは、まだ何もわかっちゃいない、、、

・・・な。

師匠の言っていたことは、きっと正しいっ。



言ってることとやっていることが違う。

表面的な現象はわかっても、その原因は理解できていない。

ナイスショットだった時、その理由さえわかっていない。

結構、そんなもんです。

ゴルフ場でスイングすることに慣れている程度ですな。



そんなワケで、本当のスイング探ししてます。

なにが本当か、それ自体わかりませんが。。。 ww

まぁ、わからないなりにも経験から気付いていることもあるのは事実で

その中から、大切なものだけ残します。

でも、大切なものが一番不要だったりするので、そこは守ってはいけませんな。 ww



スイングを進化させる上で大切なもの、自分には2点あります。

① 極端に大きく変えること

② 原因に辿り着くことを狙うこと



例えば、『 左脇を締める 』 という課題。

左脇が締まらないスイングをしながら、左脇を締めようとしても無理。

それをやると、逆にスイングは壊れて、深ぁ~いところへ。

本当に左脇を締めたいのであれば

左脇が 勝手に締まってしまうスイング を探す必要がある。

・・・と思うわけです。

それは、空いてしまう左脇を、体温計をはさむように、自力で締めることで解決することではない。

ひとつ前、そのひとつ前、もう一つ前に原因はあるのだと思っています。



くしゃみを我慢したところで、次のくしゃみは出てくる のではないでしょうか?



オーバースイングも、腕を加減して見た目を直したところで、飛ばなくなって曲がるだけ。

ヘッドを低く長くって、自分でするものじゃなくて、勝手にそうなる振り方があるだけのこと。

上から打ち込めないスイングをしているのに、上から打とうとしてもダフるだけ。

つまり、そういうことなんだと理解しています。



Aを直そうと思って頑張ってみたけどダメだった。

Bを直そうと思って頑張ってみたけどダメだった。

Cという遠~い所を直した結果  AとBが同時に、勝手に直っていた

という経験をしたことがありますし、また今、改めてそういう経験をしているところです。



神みたいな領域に入っている人は

『 アドレスで全部決まる、グリップが全てだ 』

みたいなことを言ってますよね。

ひとつ前、そのひとつ前、もう一つ前を突き詰めると

やはり、ソコに辿り着いちゃうんだと思います。

なんでそういうところに結論が達してしまうのか?

そのロジックは想像できるようになってきました。

中身は、全然わかっていませんけどね。。。 バタッ








・・・で、60台に向けて足りないものは、何だ?

今んところの答え : まずはナナスコゾーンへ!!

んじゃ、まった。  (  ̄  ∇   ̄ ;)∀

↑このページのトップヘ