ギア吉ゴル吉・自前主義


自己ベスト 75
2019~ クラブ 組立て開始
2021~ トラックマン4 + インドア練習に完全スイッチ

2023年06月

youtube のレコメンドで出てきた

パワーローテーショナルゴルフのレッスン動画

基本的に有料動画に流すための導線なんだけど

無料で見せている内容も

結構、核となる部分に触れている印象で

別にもったいぶっている感はなく好印象





そもそも、記録を見返すと

2019年だったので4年前に

直接レッスンを4回だけ受けていて

その時は、ちょっと難解だったところと

千葉の貝塚に行かなければならず

面倒になって通うのを断念した経緯があったが

改めて動画を見ると

その内容がかなり理解できるように

自分自身が成長しているのと

身近な場所のトラックマン打席の出現により

スイングチェック方法とレベル、練習環境が

4年前とは格段に上がり

コーチと同じ状態、むしろコースボールを打って計測できる分

今の自分の方がいい環境で練習できる状態であることから

ここは改めて

比留間裕氏のレッスンを深掘りしてみるか

...ということで、まずは動画を3か月見れるコースを選択



現在は高円寺でレッスンを受けられる体制になっているそうで

それも動画を有料で見る動機として大きかった

以前は煩雑だった動画の内容も

カテゴリー分けされて、検索性が良くなっていたり

対パの観点からか、動画の尺も見やすく再編集されているようで

まずは、何を発信しているのかを

改めてチェックして

状況に応じて直接レッスンを受けて整えていきたいと考えている



過去に見てきた日本語のゴルフレッスン系動画の中では

俄然、説得力がある内容だし

なんというか

ブレていないというか

とにかく好きだ



まだ動画を見て3日程度なのだが

アイアンの精度に関しては格段に向上

長物に関してはまだ難しいが

いい結果も出始めているので

週末は、臆せず

コース上でこのスイングをやりきることに集中する



.

パワーローテーショナルゴルフ 2.3.X の辺り

『 パワーローテーショナルターン 』

の中で出てきた言葉




左ひざが内側にほぼ動くことなく、ヒップターン成功

軸ができたというか

移動した左ひざを戻す動きが不要だから

スイングがシンプル化

綺麗になり、エネルギーも逃げなくなったので

飛ぶっ

まだアイアンだけだが

7鉄ならコースでもすぐに結果が出る印象



ドライバーでもボール初速が簡単に 60 m/s 超えに上がったが

打った球が真っ直ぐ飛ぶかというと

それはまた別のお話



今回の、パワーローテーショナルゴルフの動画視聴は

本当に有意義

3 か月7千円と少々

有料だが、もう既に十分元は取った印象

あざすっ



.

今朝、1発だけ

ドライバーで 250y が出た

220622a

...けど

215y が出たり、 247y が出たり

バラバラで

まぁ~、これが今の実力なのかなと





ボール初速も、珍しく 62 m/s を超えて

62.2 m/s が出たっ

230622b

これもまぐれで、普通だと 60.0 m/s を超えないのが実力




数日のドライバー飛距離は

練習場に備え付けの ローグ 9.0° 純正シャフト 5S だったのだが

数日でスイングメカニズムは確実に変わっているから

シャフトの違いで、何か今のギアが合わなくなるとか

コースで影響があっても困るから知っておきたいと思い

ディアマナ PD と ディアマナ GT を持ち込んでみたけど

全然変わらなくて

今のところ道具じゃなくてスイングだなと認識 笑



アイアンは引き続き好調で

2打目の不安は少ない状況

昼の練習場も取れているので午後も頑張るっ



.

今まで知識としては知っていたが

本気でチャレンジしてこなかったことをやってみようと思った

テイクバックで、左のお尻の場所を

一気に右のお尻の位置に入れ替えてみる

というお題にチャレンジしてみたところ

何回かでこの記録がが出た

230621a

普段、45 m/s 出れば調子がいいという感じだったが

パワーローテーショナルゴルフのリーンイン、ハンドファーストのヒントで

スイングイメージが大きく変わり

たまに 47 m/s が出たりして浮かれていたのだが

それに合わせてなのか、単独なのかは不明確で

どちらかというと単独かなという印象だったが

ボール初速 49.3 m/s を記録っ





1発だったので、まぐれなのだが

自分ではこの数字は過去に出したことがないので

とにかく嬉しい次第だっ



ダウンスイングが速すぎて

全く手で操作ができないっ

非常に効率的で

真っ直ぐ飛んでくれるのでありがたい

引き続き研究していきたいが

運動量が多くて、純粋に疲れる




.

前記、パワーローテーショナルゴルフの動画を見て真似ただけで

7鉄の飛距離が最大 15y くらい伸びた



ドライバーの飛距離は

アベレージが 240y 後半に


230620a
230620b
230620d


こんなのが連発したので、気合入れたら

230620c


最長 254.7y ってのも出たっ!

この数字は、自分としてはなかなか出ないものなので

かなりご機嫌っ

あの動画は俺にとって、正に神動画ってやつだね



一応時間を空けて、午後もやったら

230620pm

同じような結果がすぐに出るので

こりゃ、本物だわさ





カバーリング

ボールに近づく

リーンインが大きくなる

ハイドファースト



ローポイント長く



などなど

普段からトラックマンと親しんでいるので

いろいろ理解できるわさ



.

Youtube のレコメンドで

久しぶりにパワーローテーショナルゴルフと再会

インスタでも何度が出合い頭ってのはあったんだけど

特に深入りはしてこなかった

...が

Cコース 理事長杯で心が病んでいたので

やっぱり見たくなるわな ( ´∀` )



大事そうなタイトルを見てみたところ

ビビっときた

今、これすごく、刺さるっ



かなり核心を突いたこと言っちゃってると思うんだけど

理解できない人は、どうせわからんからいいか

...っていうスタンスを感じて、好印象

何年も経過しているので

久しぶりに、有料で動画見てみようかな




自分の理解も上がっているしな





.

Cコース 理事長杯、初参戦

4月に、Cコースはスクラッチ選手権に出たけど

カットラインに3打及ばず敗退だったかな

今回は、9打も及ばず敗退 号泣





48 + 46 = 94



酷かったですな

本気で凹んだ

ちょっと下手過ぎる

傾斜からのレッスン必要かと

芝種別のアプローチも知りたいところ

お願いできないかなぁ~



その辺は後で考えるとして

今、自分が好調だという認識だったので

このコースで結果が出ないことに、心から落胆している

全ショット、傾斜地からのショット

コンパクションの硬いグリーン

砲台グリーン

高速グリーン

課題が多かった

このままじゃ、全然ダメだ



顔を洗って出直す必要がある

とにかく、このままじゃダメ



引き続き、ドライバーには不安があったので

PING G430 LST 9.0 + ディアマナ PD 50SR

ウエッジは 58° Tグラインド

100y が不安だったので、使い慣れた PXG シュガーダディー 52°

5鉄を抜いて

G430 U5 + G410 FW #9

このセッティングで間違いなかった

よっしゃ


.

昨年から参戦した、Bコース イベントだが

2シーズン目にして予選を通過

何かいいものがもらえるらしいという話だったので

決勝戦へ、ノコノコ出て行った





39 + 42 = 81

47 + 42 = 89



新ペリなので、ストローク云々ではないけど

バーディ2か所は隠しホールから外れたり

1ラウンド目はかなりハマったけど

PAR5 で 10点のホールがあって

これはカットが入ってネットも振るわず

結果は6位

7位だったら飛び賞で、電化製品が当たったんだけどね

ちょっと残念でした

まぁ~、参加費無料ですから文句なし

久しぶりに2ランできたので満足っ



ギアは、ドライバーに不安があったので

安心安全な

PING G430 LST 9.0 + ディアマナ PD 50SR

ウエッジは

PING グライド フォージド プロ 58° Tグラインド + 同プロ 52° Sグラインド

52° はフルショットの縦距離が不安だったけど

とりあえず大怪我は無かった



.

先日、接待ゴルフにて

キャロウェイ パラダイムに

ディアマナ GT 60S を装着して使ってみた





50S と 60S の選択肢があったが

トラックマン打席においては、60S のパフォーマンスが安定していたのと

50Sに関しては、ミスヒットした時のヘッドの挙動が

ブリンプリン動く感じで気分が悪い

トルクが大きいとか、中が緩いとというか

...で、60Sでコースに挑んだが

インドア打席では一切感じなかった

バランスの重さで、全然スイングできなかったという

驚きの結果が待っていた



想像としては、シャフトが動くので

ヘッドの重さをさらに増幅して感じた可能性を疑っているが

根本的には、ヘッドやシャフトの動かし方に問題がありそうだ

正直、このラウンド以降、ドライバーの動かし方に

不安しかなく、困っている



シャフト単体の特性としては、結構動くシャフトで

上手にタイミングが取れないと

結果的に暴れてしまう印象で

Youtube などでは上手な人が、さらっと使って

いいですねぇ~、などとコメントしているが

自分にとっては

スイングを変えないと使えないシャフトだなという印象

ちょっと時間が必要だ



傾向としては振り遅れて

インサイドからの軌道で右プッシュ

フェースが戻せればドローで、そのままストレートの刑もあり

急速なスイングスピードの変化には対応できていない雰囲気なので

自分としては、左足で伸びあがって

地面反力を体の回転に変える打ち方をする際に

敏感に反応して戻ってこない印象だ



特に、今のスリーブが両方キャロウェイで

ヘッドをパラダイムで使ってみたので

その、パラダイム重い問題と重なって

ちょっと、すんなりまとまりそうにない



さらにパラダイムを前提にすると

純正長さが 45.5 インチ

PING G430 LST が 45.75 インチということで

パラダイムを前提とすると

シャフトを 45.25 インチくらいまで切りたいのだが

一度 PING に流用してみたく

一方では、競技が続くので練ランで試せないという状況で

サクサク話が進まないのだ



7月に入れば、ほぼ練ラン天国なのだが

週末の天気もあてにならない

ディアマナ GT に関しては

この夏に時間をかけて研究する感じになりそう

ZX5 MK2 との相性も

もしかしたらいいかもしれないという直感があるのだが

追求するかどうか、悩ましいっ




.

ライ角調整の利便性を含めて

今や PING の存在が自分の中では非常に大きくなっている

ウェッジも、バウンス違いで何が起こるのか

とか

58° と 56° の違いで何が起こるのか

とか

もちろん、構造の違いで何が変わるのか

とか

ここ1年程度で、様々なウェッジを手にしている状況だ



今回入手したのは、Tグラインドというモデルで

バウンス 6°

ソールも薄々で、完全なるプロモデルだなぁ~

...という印象で

球が乗らないと抜けてしまって前に出ないとかが懸念される印象



今回、コースで使ってみた限りでは

特に問題なく使えた

むしろ、ソールで邪魔に感じる部分がなくて

一番使いやすいかもしれない

という感想を持っている



ただ、コースではバンカーショットが無かったので

バウンスの感じがよくわからないが

練習場で雨上がりで湿った感じのバンカーでは全く問題なかった

パフパフの砂でどうなるか、だよなぁ~



気になっていた、モーダス3 105 【  R  】

この R がどんなもんか、というのがとても興味があるところだったが

今のところ、こちらも問題なし

フルショットに近い使い方を、ほぼしていないので

これも使い込んで、という感じかな



週末は土曜、日曜と競技なので

どのウェッジを使うか迷っている

バンカーでの使い勝手の情報が無いので

やっぱ、Sグラインドかなぁ~

とは、ぼんやり思っているけど



練習場用にもう1本オーダーしようかと思っている





.

2・2の4B で接待ゴルフ

知らない方1名

一応、お仕事モードでラウンド





トラックマン打席の結果から

パラダイム + ディアマナ GT 60S の組み合わせが絶対かと思ったが

いざ、現場で振ってみると

バランスが重くて振れないっ

ローグST ◆◆◆ の純正シャフトに合わせてカットしたので

国内正規品より、最低 0.25インチは長いのは理解してたけど

これほどまで重いなんて

トラックマン打席では振れてたので

まさかの結果に呆然



普通に白ティーからということで

ティーショットは、基本 3W で挑むも

この日  3W が全然当たらないっ

ドライバーも重くて全然振り切れない

という状態で、PAR3 以外のティーショットが

全然だめで、トラブルも多かったんだけど

2打目以降がまとまりが良くて

数字にはなった





40 + 40 = 80



4バーディ、2トリプルボギー、他

トリプル×2で6点も失っているので

トータル80点は頑張った方だと思う

つーか、4バーディなのに70台じゃないって何?

...って突っ込まれるところだけど

それだけティーショットが終わってたって言う状態

なので

自分は、よくやったラウンドだったなと

後半途中から、目標を 40点にしていたので

最終ホールのバーディで、有終の美

という感じ



ドライバーは短くぶった切って

振りやすく調整せにゃなぁ~



社員A君は 106点

ラウンド全然していないのに

安定してるなぁ~って関心



ピン PING GLIDE FORGED PRO 58° Tグラインド TOUR120 R

が、結構頑張った件は、後記にて




.

スイング理論の備忘録である

長物に限るが

ポイントは

ガントリークレーン打法だ

切り返しから、トップの位置に手を残して落下を待つ

待てば待つほど、下半身が先行する



P6 まで来たら

グリップをボール方向に前に押していく



身体は、くの字キープの海老さがりのイメージ

フォローでは、90°傾いた景気を見ることも重要


.

ストックの中から

浮いている FW 全部、浮いている HB 全部

浮いているシャフトの 2/3 程度を処分



今回、ウェッジには手を付けなかったけど

おおよその方針は見えてきたので

一度、ウエッジ系を総棚ざらえしちゃおうかな

一応、準備は少ししてあるんだけど

まだ未熟な分

ちょっとした情報でストロークとかが変わるので

今いいと思っているものが、瞬間的に使えなくなって

以前使っていたあっちの方がいい

...となるのが怖くて

なかなか手放せないんだよねぇ~



処分するにはいい時期だから

スビート感持って対処していこうっと



.

選定理由は、評判がいい

...というだけなので

根拠が無いトライなのだが

ディアマナ PD の感触がよく

もうちょっと動くのが試してみたいな

という欲望から

このシャフトが候補に上がった



PD の経験値から、50g台から攻めたのだが

結果としては、緩い印象

しならせ方が悪いと

くにゃっとなって戻り切れず暴れる感じ

自分としては、60g台の方が安定していて

飛距離も数ヤードだが、いい結果になる印象だ



キックは中元という感覚で

動画で見る限り、切り返しで大きくしなって

その大きなしなり幅の割には、球は散らない印象

PD との比較ではシャフトの動きは明らかに大きく

タイミングは取りやすい

一度この GT を知ってしまうと

PD には戻れないイメージ

それはタイミングの取りやすさなのかなぁ

しなりが出ることで、プレー中の大怪我もしにくい

そんな可能性を感じている



50g台だと

アベレージで 230y 中盤から後半

230608m1

60g台でも

アベレージで 230y 中盤から後半という雰囲気だが

230608m2

ここ一発、というところでは 60g台に歩があるかな

身体が動くまでは 50g台の方が良さげだが

温まった以降は、ショットの安定感も含めて 60g台推し

現場では 60g台の方が潰しがききそう



これがこの日の午前中に出た

いい感じの一発

230608m3


250y には届かずだが

240y 前半が他にもポロポロ出るので

ドライバーショットのクオリティは、明らかに進化している

シャフトだけでなく、ヘッドとの相性も、だとは思うが

とにかくこのシャフトと

パラダイム 10.5°との相性はいいみたい



.

川越CC ショットに近づいている雰囲気はある

7鉄を持っている限りでは

トップで待てるスイングができている

切り返し以降はボールの前方に打ち込んでいくイメージで

飛距離も 142 の 151 という目安



多分、コースでも同じようなことが出来ると予想しているので

土曜の接待ゴルフが茨木で、比較的平坦なコースだし

いろいろ検証できそうで楽しみで仕方ない



小宮プロから教えてもらったアプローチも

現時点では賞味期限内なのかなという印象で

もし、グリーンを外したとしてもウエルカム状態だ

こうなってくると、戦略的に刻むという行為も

いよいよ意味を成してくるというか

パーを取るためにアプローチ勝負、という意味も

本物に近づきつつあるなと

大人になったもんだわさ



.

久しぶりに、ドライバーショットで

250yを突破した



2日間で4時間スタジオに籠って

全体の2/5程度の時間はドライバーを振っていたので

股関節痛いわ、脇腹張っているやら...



そんな中

三菱ケミカル ディアマナ GT 60S に

パラダイム 10.5°の組み合わせで

久しぶりに、トータル飛距離 250y を超えたショットが出た

230608an1

...と言っても単発で

その1球だけなので、個人の成長というより

物理の偶然に近い状態なのだが

出ないより出たほうがいいはずなので

俺は喜ぶ

でも、それ以降は全然出ないので ( ´∀` )



.

注文から9日後に到着した

ディアマナ GT 50S

を購入したショップに

ディアマナ GT 60S を注文

今回は在庫があったのか

レングスやグリップの指定が特徴的だったから

覚えてくれていたのか

前回の説明では、注文順に組み立てているので

遅いのはしょうがないという連絡だったのだが

今回は月曜激早朝注文で水曜着とのことで

どーなってんのというほど早く納品されるということで

驚きを隠しきれない

いや、ありがたいのだが

今まで安いと感じていたショップより1割近く安くて

納期も全然問題ないということで

今後は、ここを使わせてもらうかなと



ここまで

PING のヘッドがコース上では非常に良かったので

今回の GT 60S も PING スリーブで注文したのだが

まずはそのスリーブを外して、キャロウェイスリーブにして

パラダイムに組んでみようかと悩み中

練ランが続けられればいいんだが

競技が詰まっているうえに

週末の天気が悪いのでどうにも進めにくい

昨年は週末雨がなかったので

今年はそういう面でストレスあるなぁ~

まぁ~、これが普通かね



家に帰ったらシャフトが届いている状態なので

一度 PING で組むか

即、キャロウェイに組み替えるか

決めなきゃなぁ~



.

PING G430 LST 9.0 + ディアマナ GT 50S

これは、先日3位入賞した時に月例競技で使ったやつ



自分としては、ディアマナ PD 60S を使っていたと思っていたのに

違和感を感じつつも、自分のスイングのせいだと思っていたやつ ( ´∀` )

まぁ~、これをトラックマン計測してみようという算段



...で、ヘッドカバーなんかを漁っていると

パラダイム 10.5° + ディアマナ PD 60S

のセットを発見っ

そうか、先週雨の時に作ったんだった

一緒に持って行って試打してみよう

...ということになり、トラックマン打席でテストしてみた



まず、インドアだとヘッドやシャフトの細かい挙動が

コース上より感じられ

評価という意味では非常に有意義だった

PING G430 LST 9.0 + ディアマナ GT 50S は

自分としては緩いっ

これは無理だとスグに察することができた



驚いたのは

パラダイム 10.5° + ディアマナ PD 60S

これが非常にいいというか

そもそも、パラダイム 10.5° のヘッドが効いていて

G430 LST 比較で、バランスにして

3ポイント近くは違うんじゃないかなという印象で

重さで 「 がぁぁぁぁ~っ 」 と持っていかれる印象

そういう加速感をコントロール出来れば

結果としての飛距離は

パラダイム 10.5° + ディアマナ PD 60S

が安定的に良くて

もう、PING G430 LST は使えないかなと思えるほど

比較すると差があった

230607

飛距離は 250y に乗らないのだが

近い数字が多く出るだけでなく

方向性も予測がつく範囲内で安心なので

このデータのままコースに持っていけると

かなりの成果が出ると期待している



これは接待ゴルフの時に、コースデビュー確定っ

コース上で振り回して検証してみるつもり




.

低迷していたアイアンの飛距離も

松田涼伽コーチの理論+大人のゴルフ学校・下田氏の理論の合作で

かなりいい状態に戻ってきたので

ドライバーはどんなもんか?

ということで、チェックしたくなり

スタジオに備え付けの、ローグST MAX で計測してみたところ



たまに 240y 台が出て

これが最高の飛距離だった

230606a

アベレージとなると、キャリーで、 200~210y

トータルで 240y という感じ



ドライバーをゆっくり振る練習をしていたんだけど

そういえば先日の月例で起こった

ディアマナ GT 50S のちょっと暴れる事件の真相が知りたくなり

明日、スタジオに持ってきて計測してみることにした



.

トラックマン打席、というか

アプローチカップに対してピッチ+ランの練習

Tグラインドは、バウンス6°とのことで

この練習環境では成立するのだが

芝からだと、球が前に出ないというシーンが

チョロチョロ出るんじゃないかなという不安があって

これは夏合宿のテーマかなと

今は、競技も続くので

バウンス10°でいいかな

ここは戦略だから、決めないとね

土曜日の接待ゴルフでいろいろ試したいけど

キャディ付きだから、逆に迷惑かな

それでも強引にサブバッグ持っていっちゃおうかな

まずは、そこを決めないと

会社のお金だし、図々しくやらなきゃ損

かな



インドアのちょい寄せだと

モーダスTOUR120 R の使い勝手がどう

とか

0.5インチカットがどうとか



評価は困難

やっぱり実践で使わないことには、だよね



.

やはり、どの手を使って、どの腕で振るのか

振らないで待つのか

腕というか、ひじで打つのか

それは感覚で、ひじを含む腕で構成される

三角形を維持しながらスイングするとか

リリースするとか、しないとか



ちょっと、明確に文書化しにくい

上記のような案件を

ここ数日は練習している



ダンスしていても、グーに力が入らないで変だ

...と指摘されたことがあり

当時、グループで練習中に撮影した動画で

本当にそうなっていることに驚いた件があり

やっているつもりが、無意識で手が握れていない人間だったなんて

あれは50歳の頃だったと思うのだが

ショックだったなぁ



そんなことも経験しているので

グリップに関しては、一般的なセオリーにはとらわれず

自分の成功パターンにこだわりたいと思っている

...が、定石というものも気になるのは事実



今のところ、アイアンが前提だが

左手下3本の指だけで握ることによって

手首の硬さが補われて

ヘッドが大きく動くことを利用して

7鉄で46m/s 周辺までボール初速を上げ

キャリー142、トータル152 という目安をターゲットにできる

...というパターンを推している



ドライバーは三角形の形を崩さないスイングが大切なのかなと

ちょっとひじを前に出していく感じとかも

必要かなと

シャフトのしなり量にもよるけどな

研究中だ



.

月曜日から反省練習

天気よし、気温よしで、身体も動きたがっているので

午前中に会社の屋上で素振り



テイクバックを深くすることと

クラブが自動的に、コックを伴ってラグが深くなって動く

というメカニズムについて研究していると



90年代タイガーの腰を張ったような

でっ尻かつつま先重心ではなく

かかと重心で骨盤が立ったアドレスの方が

テイクバックが深く入ることに気づいた



トラックマン打席で同じことをやってみると

かかと重心で骨盤が立ったアドレスが結果がいい

これは、大人のゴルフ学校、下田氏のアドバイス

それと、松田涼伽コーチのアドバイスとも重なり

下田氏と飲んだ時も

松田涼伽コーチのかかと重心は正しいと言っていたので

自分が習ってきた人々のエビデンスもあるわけだ

今一度、ここに注力してみたいと思う



全体的に、縦振りから横降りのイメージに変わるが

結果がいいのでこっちでいく

川越CC の時のスイングも、確かにそういうところを意識していた

なんとなく近づいてきている



.

先日の月例では

届いたばかりのディアマナ GT 50S を使って

シャフトを評価して、必要に応じて 60S を発注しておく

...という流れが美しかったので

いつもの自分であれば、ぶっつけ本番で

ディアマナ GT 50S をローンチさせるという行動が定番なのだが

いやいや、いつもそういうことをやって

月例の成績が1打2打足りないとかで

悔しい思いをしてきたので、どうするべきかと

ギリギリまでコースの駐車場で悩み

今回はギャンブルしないと決めて

気温も高いということで、PD 60S で

安定した弾道を手に入れようという戦略で臨んだ



それなりに球が散りつつも

1発退場となるような、致命的な球は出ず助かった

拾いに拾って、ダボは無しで終えることができたことが

3位入賞できたポイントかと分析できる



ラウンドが終わり

シャフトを見てみると

GT 50S と書いてあった 滝汗

わざわざ、ドライバーに装着していたシャフトを

一度外して別の物に入れ替えた記憶があるのだが

今となってはどうだったのか怪しい

最初から GT 50S が装着されていたのに

PD 60S が装着されていると思い込んでいただけかもしれない

いずれにせよ、自分は GT 50Sで 18ホールをプレーしていたのだ



ちょっと、普段と違う球は出ていたけど

そんなに違和感は感じていなかったのだが

PD のつもりが GT を使っていたということで

自分のセンスも、こんなものかと 爆笑



振り遅れる感覚はあまりないけど

ちょっと緩いのかなという印象はあった

軽さも少し感じられた

今の気温だと、60g 台でいいかも

...ということで、楽天スーパーセールに合わせて

三菱ケミカル ディアマナ Diamana GT 60S を追加注文




.

納期が遅いけど

周囲より2千円近く安いショップに注文していた

三菱ケミカル ディアマナ GT 50S が到着



早朝に注文して、その日を含めて9日後に到着って

今まで買っていたところより、納期2倍以上、という感じで

違和感しかないが

安さにはかなわないよなぁ~



今回は土曜日が台風の影響でラウンドが無かったので

大きな影響を感じなかったけど

まぁ~、選択肢としてはあるかなと



ノーカット、グリップ未装着同梱で納品してもらい

G430 LST を前提に、自分で組み立てた



ピン PING GLIDE FORGED PRO 58° Tグラインド TOUR120 R

も、注文から6週間を経て到着

アーコスを新品状態で外し

レングスをノーマルから0.5インチカットして仕上げた



スリクソンスリーブの PD 60S を

キャロウェイスリーブに入れ替えてパラダイム用に組み立てたり

他、手持ちの不要シャフトの売却準備で

スリーブ交換やグリップを入れたりと

多少の作業を頑張った



以前と比べると、こういった作業がだるい

時間が死ぬほどあればいいんだけどね

退職後とかなら

でも今は忙しすぎる



.

40 + 40 = 80

3位入賞



同組から、優勝、3位、4位が出るという

優勝は理事長杯で優勝したK氏

絶好調のご様子で3アンダー

自分は2オーバー

5打差となれば、スッキリ諦められますな



ゴルサバ女子プロから教えてもらった

寄せが冴えて、グリーンを外しても何も思わなくなった

1メートル程度のパットを外す、寄せワン逃しが3度はあったかな

もう少し、パッティングのノウハウが備わる必要もあるけど

そのポイントは、ヒール側を浮かせる構えかな

飛距離に応じてボールに近づくかどうか

...も、最近は理解しつつある



このまま進むぜっ



.

【 Aコース競技 】

2023 理事長杯 予選10位通過 → 決勝

2022 クラブ選手権 予選8位通過 → 決勝2回戦敗退 ベスト8

2022 スクラッチ選手権 予選10位通過 → 決勝6位

2022 理事長杯 予選10位通過 → 決勝

2021 スクラッチ選手権 予選8位通過 → 決勝15位

2021 理事長杯 予選11位通過 → 決勝4位





【 Aコース月例競技 】

2023.6 Aクラス 3位

2023.3 平日月例杯 2位

2023.3 Aクラス 4位

2022.11 Aクラス 3位

2022.10 平日月例杯 優勝

2022.10 Aクラス 2位

2022.5 Aクラス 4位

2022.3 Aクラス 4位

2022.2 Aクラス 優勝

2022.2 平日月例杯 優勝

2021.11 Aクラス 2位

2021.9 Aクラス 4位

2020.12 Aクラス 2位

2020.8 Aクラス 2位

2020.5 Aクラス 3位

2020.1 Aクラス 優勝

2019.8  Bクラス 5位

2019.6  Bクラス 4位



【 Bコース月例競技 】

2022.12 Aクラス 優勝

2022.3 Aクラス 優勝

2022.2 Aクラス 優勝

3H、6H、9H の選択肢があったが

当然 9H を選択

逆に、3H、6H は、既に定員に達していたので

ちょうどいい感じでハマった状態

この女子プロを知っているわけではないが

以前、ゴルフサバイバルに出場していたという話を見て

そういえば、ゴルサバを観ていた2~3年前くらいに

この人出ていたかもなぁ~

...という程度の認識だったけど

やはり、アプローチの指導って

芝の上からじゃぁ~ないとね

...っていう理屈で

ラウンドレッスンというのも

なかなか気軽に受けられるというものではないから

いろいろ合致して有休取得



梅雨と台風の間にできた

かなりラッキーな快晴で気持ちいい一日

いゃぁ~

持ってるね



昼食から一緒になり、隣の席だったので

自分のゴルフの状況を伝え

とにかく 30y 以内のアプローチ教えてくれと伝えてスタート



左に低くフォローを取れ

という指導が飛び

まぁ~、後にも先にもこの話に尽きる

...という感じ

自分のアプローチが一気に変わった



転がして寄せる感じで

52°も使いやすくなった

ちょっとしたやり方と考え方だけなので

その日からゴルフが変わった感じだった



今年の夏合宿は、アプローチ中心かな

ガッツリ飛躍の1年になりそうな予感



.

ベスグロ賞

ニアピン賞 × 1

名物18H 右バンカーからパー



41 + 43 = 84



千葉よみうりカントリークラブにて

ゴルフ練習場、高級スパサロン、異業種経営者交流会

...という異質な3サークルがゴルファーを集めて成立させた

一見、わけわからん、カオスなゴルフコンペに参戦

希望者は有料で、女子プロからレッスンも受けられる

ってことで9ホール同伴コースを申し込んだ

新規開拓という経営的側面メインでありつつも

レッスンもあって、またレッスンつながりで知らない人とつながれる

というスパイラルなワケよ



キャディバッグの中が Aコース仕様になっていたので

9番ウッドを抜いて、5番HB を入れたつもりが

3番ウッドを抜いて、5番HB を入れていた

現地で気づいて絶句

まぁ~、短いコースで何とかなったけどね



ニアピン賞ひとつに、ベスグロいただきましたっ

参加賞と、名物の最終ホールがパーだった人にコースからご褒美ボール

参加費の割には、かなり太って帰ってきた

知らん人から 「 あの人、海賊やん 」 って言われた 爆



運営や自分自身のプレーに、いろいろ不満はあったけど

結果よければ

...ですな

普段のクラブ競技や

メンバーとのラウンド時の質の高さが

妙に感じられた一日だった



レッスンに関しては独立させて後記


.

台風2号が日本近海で発生し

数日かけて、ゆっくり西へ発達しながら横に移動

この影響で木曜の深夜から日曜の朝まで

太平洋側はそれなりの影響を受ける見込みだ



木曜の、異業種3社合同コンペ + レッスンは無事決行予定

土曜の、2R は、完全キャンセル

日曜は、Aコース月例競技 大丈夫かも



という雰囲気

とにかく土曜日は絶対ダメ

早々にあきらめて、A、B 両コースに入れていた予約をキャンセル

たまたまだが、まるで保険のように入っていた木曜日が

非常に大きい意味を持つ気がしてきた

練習場のオーナーと同組

奥さんの方かな

旦那さんかも

19番ホールも前回はあったみたいだし

どーなるんでしょうかね





ディアマナ GT 5S が

注文後、6日間経過しても

全然動きが無いので質問

このショップが

いつものショップより2千円安かったので注文してみたけど

こんな対応をやってるようじゃぁ

リピートは無いね



さて、このコンペには

コンペなのに女子プロによるレッスンが付いている

コンペなのにねぇ~ ( ´∀` )

ドラコン、ニアピンとかもあって

クラブ競技しかやってこなかった自分としては

非常に新鮮だね

とにかく、寄せを教えてもらいたいのだが

そんなに活躍できていない女子プロだから

どーなんだってのはあるけど

少なくとも、ぜってい俺より上手だから

いろいろ教えてもらおうと思う



コースが狭くて短い残念コースなので

結構、力の差が出そうな気もするので

自分は、今回チャンスかなと

商品ゲットできますように 鼻息





.

Aコース理事長杯も終わり

次のターゲットは、Cコースの理事長杯だ

初参戦



その間に、Aコースの月例競技

勤務先の接待ゴルフ

その他、天気によって練ラン

という感じ



まずはこの1週間で

Aコース理事長杯でダメだったところを練習

やっぱ川越CC ショットを探すしかないかな~

シャット目にテイクバックしていくことで

飛距離がちょっと足らない

当たりが少し薄い

オートマチック感がない

...など、いろいろ不満があり

ある意味全然違うスイングメカニズムなので

一度リセットしやすいかもと思い

川越CC ショットを探しの旅に



再現性は、まだ低いんだけど

メカニズム的には、左肩を下げていくテイクバック

手元はインサイドに低く、ヘッドはオートマで高く

それで打ち込んでいく感じ

飛距離も戻ってきた

23053b

シャンクが怖いのが、唯一の課題

ちょっとインサイドに引き込み過ぎだが

それ以上のメリットがある

研究を続ける




ドライバーは、もう少し飛ばしたい

必要なボディモーションは何か

いろいろ検証しながら練習

月曜日は、朝昼晩

火曜日は、朝晩

水曜日は翌日のラウンドがあるので朝だけ

データは月曜日だが、1時間だけ

長物専用で練習してみた

これが最長飛距離

23053a

気持ち的にはインドアで 255y とか出したいな



.

【 Aコース競技 】

2023 理事長杯 予選10位通過 → 決勝

2022 クラブ選手権 予選8位通過 → 決勝2回戦敗退 ベスト8

2022 スクラッチ選手権 予選10位通過 → 決勝6位

2022 理事長杯 予選10位通過 → 決勝

2021 スクラッチ選手権 予選8位通過 → 決勝15位

2021 理事長杯 予選11位通過 → 決勝4位





【 Aコース月例競技 】

2023.3 平日月例杯 2位

2023.3 Aクラス 4位

2022.11 Aクラス 3位

2022.10 平日月例杯 優勝

2022.10 Aクラス 2位

2022.5 Aクラス 4位

2022.3 Aクラス 4位

2022.2 Aクラス 優勝

2022.2 平日月例杯 優勝

2021.11 Aクラス 2位

2021.9 Aクラス 4位

2020.12 Aクラス 2位

2020.8 Aクラス 2位

2020.5 Aクラス 3位

2020.1 Aクラス 優勝

2019.8  Bクラス 5位

2019.6  Bクラス 4位



【 Bコース月例競技 】

2022.12 Aクラス 優勝

2022.3 Aクラス 優勝

2022.2 Aクラス 優勝

前週の

ネット75、10位の成績を引きずって2組目でスタート

トップは自分と12打差もあって絶望的だったけど

最近 Aクラスに上がってきたばかりの人だったので

決勝で大叩きが起こって

自分がネットアンダーだったら

下からでも大捲りも不可能ではないと思い

頑張ったものの

ノーバーディで終わってしまった





42 + 38 = 80



最低70台

雰囲気的には 77 とか

なんて妄想していたけど

最終的に、トップだった人はやっぱり崩れて

俺と1打差上、優勝者とは3打差で

これは上手く回っていれば不可能ではなかった数字



まぁ~、かなりいいパーもたくさんあったし

いいボギーもあった

結局は総合力ですからね

次の試合に気持ちを切り替えましょ



.

↑このページのトップヘ